クリニエル~大阪でクリニック開業を目指す医師の情報収集サイト~ » 大阪の都市別に見るクリニック開業事情 » 豊中市でクリニックを開業する

豊中市でクリニックを開業する

豊中市のクリニック開業傾向

「かかりつけ医」を持ちやすい環境

豊中市の人口10万人あたりの病院数、病床数は、大阪府全体で見ると少ない傾向にあります。特に病床数は国が定める病床規制によって増加の見込みはないため、効率的かつ効果的な運用が求められます。

それに対して、人口10万人あたりのクリニックの数は大阪府全体の平均よりも多く、地域住民にとっては身近なエリアで「かかりつけ医」を持ちやすい環境にあるといえます。

高齢者人口が増加しているエリア

豊中市では過去10年間で65歳以上人口の割合が増加傾向にあり、地域住民の健康や医療において身近な相談先となるクリニックの存在が重要視されています。医療需要が増加しても病院の病床数は増えないので、在宅医療の需要が増えていくことも予想されます。開業を検討する場合、在宅医療も視野に入れた事業展開を考慮することも大切かもしれません。

豊中市の主な診療科ごとのクリニック数(令和3年現在)

診療科で見ると内科がもっとも多く、次いで小児科、リハビリテーション科、整形外科の順となっています。逆にもっとも少ないのは脳神経外科のクリニックです。今後さらに深刻化していくと思われる高齢化社会を考えると、脳神経外科に脳神経内科やリハビリテーション科を併設したクリニックの開業は、高齢者の医療需要を満たすことで成功の可能性が高いかもしれません。

豊中市でクリニックを開業するための準備

開業に必要な許認可と要件

開設届

豊中市でクリニックを開業する場合には、まず豊中市保健所に開設届を提出する必要があります。この場合「医師が開設する場合」「非医師が開設する場合」によって必要な書類が変わってきますので注意が必要です。必要な書類や添付書類については豊中市のホームページに掲載されていますので、よく確認した上で準備をしましょう。

ただし注意したいのが、開設届が受理されるまで診療が行えない点です。そのため、提出期限は開設後10日以内となっているものの、事前相談の上早めに提出を行っておく必要があるといます。

保険医療機関指定申請

保険診療を行うためには管轄の厚生局に「保険医療機関指定申請」を行います。この申請を行わないと保険診療が行えませんので注意が必要です。

提出が遅れた場合には保険診療を始められるタイミングが遅れてしまいますので、開業スケジュールに合わせて提出しましょう。

その他の届出・申請について

上記で紹介した届出や申請の他にも、診療科目や従業員数などさまざまな状況により申請や届出の内容が変わってきますので、余裕を持って対応する必要があります。

クリニックの開業までの流れ

クリニック開業までの大まかな流れは下記のような形になります。

  1. クリニックの構想について検討する
    開設するクリニックについて検討します。クリニックの方向性や経営理念を決める、事業計画の策定などを行います。さらに、損益計算書や収支予算表などを作成し、どれくらいの収支となりそうか把握しておきます。
  2. 開業するエリアと物件の選定
    クリニックをどこに開業するかを決めるために診療圏の調査を行います。人口、競合、立地、発展性などさまざまな要素を考えながら、どのエリアに開業するかを決定しましょう。また、実際に開業するための物件の選定も行います。
  3. 資金の調達
    事業計画をもとにして必要な資金を決定して金融機関に相談をします。融資の条件は銀行により異なるため、複数の銀行に相談することが大切です。
  4. 医療機器を選定する
    クリニックで使用する医療機器の選定を行います。機器の性能はもちろんですが、サイズや操作性についても確認が必要です。さらに、内装レイアウトも一緒に考えると良いでしょう。効率の良い動線を実現できるようなレイアウトにするのがポイントです。
  5. 税理士・社会保険労務士を選定し、契約
    税理士や社会保険労務士の選定・契約を行います。この時のポイントは、医療業界に強いかどうかを確認する、という点です。
  6. 必要な申請・届出を行う
    開業に必要となる申請や届出を行います。上記で紹介している開設届や保険医療機関指定申請のほか、診療科目や従業員数によって必要となる申請や届出を確認し、開業スケジュールに合わせた手続きを行います。
  7. スタッフの採用と集客のための宣伝
    開業にあたってクリニックで働いてもらうスタッフを募集し、研修を行いましょう。また、開業後を見越して集客のための宣伝も行います。ホームページ作成なども行っておきましょう。
  8. 開業
    準備がすべて整ったらクリニック開業となります。

豊中市の人口数・推移予測

豊中市の人口は、2005年までは減少傾向にあったものの微増傾向に転じ、2020年には40万人近くまで増えています。しかし、そこをピークにして減少を続けていくことが予想されており、特に南部地域は他のエリアと比較して減少幅が大きくなっているようです。少子高齢化も顕著であり、老年人口の増加に反して生産年齢人口及び年少人口は減少の一途を辿っています。

豊中市のクリニックモールやクリニックビルの事例

クリニックステーション豊中本町

阪急宝塚線の豊中駅から徒歩4分の角地、複合商業型施設の2階に展開する「クリニックステーション豊中本町」。周辺の住宅街は人口が増加しており、スーパーマーケットやフィットネス、認可保育園がテナント入居しているので増患も見込めます。

クリニックステーション豊中少路

モノレール線少路駅から徒歩3分の好アクセス、駐車場完備で利便性の高さも評判の「クリニックステーション豊中少路」。周辺の再開発に伴う人口増加を支えるクリニックモールとして大きな期待が寄せられています。

千里レジデンスメディカルモール

地域の生活動線にマッチした千里中央駅直結の「千里レジデンスメディカルモール」。アクセス性の高さに加えてゆったりしたつくりのクリニックが多く入居しており、患者さんの満足度も高いクリニックモールです。

クリニック開業を成功させるために

クリニック開業の成功のポイントはいくつもありますが、その中でも大切なのは市場性の把握、つまり開業予定地の医療ニーズを明確にした上で事業計画を進めることです。

そのために必要なのは、何より綿密な医療圏調査に尽きます。そういった開業準備から開業後の経営まで、何でも相談可能な信頼できるビジネスパートナーになってくれる開業コンサルタントを見つけることが、成功への第一歩といえるでしょう。